初代高橋竹山をテーマにしたドキュメンタリーを製作中の映画監督・大西功一さん=2016年2月、青森市の東奥日報社

 北海道函館市在住の映画監督・大西功一さん(52)が今春の完成を目指し、津軽三味線奏者・初代高橋竹山(1910〜98年)をテーマにしたドキュメンタリー映画「津軽のカマリ」を製作している。2015年春から17年夏まで約2年、生前の竹山に接した人へのインタビューや津軽の風景を丹念に撮影。大西さんは「竹山を軸に津軽の風土を描きたい」と話し、今夏の国際映画祭出品、秋の国内上映を目標にしている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)