海水に漬かり、気合を入れて突きを繰り出す道場生ら

 空手の極真会館青森県総本部鹿内道場は3日早朝、青森市の合浦公園で恒例の寒稽古を行った。時折、雪が降る中、3歳から50代の男女38人が、寒さに耐えながら声を張り上げて約1時間、心と体を鍛錬。今年1年の精進を誓い合った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)