八戸地域地場産業振興センター・ユートリー。八戸観光コンベンション協会、八戸市物産協会と統合し、19年4月のDMO発足へ準備が進む

 青森県八戸市の観光、物産関係者が、八戸圏域連携中枢都市圏を形成する8市町村の観光地づくりの中心的役割を担うDMO(観光地域づくり推進法人)の設立に向けた準備を進めている。圏域8市町村などが出資する八戸地域地場産業振興センター(ユートリー、理事長・小林眞八戸市長)に、八戸観光コンベンション協会(塚原隆市会長)と八戸市物産協会(駒井庄三郎会長)が統合する形で、2019年4月の発足を目指している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)