事件があった市営団地。容疑者は母・恵さんと2階の部屋(建物奥)で生活していた=2日午前6時半ごろ、青森市浪岡下十川白鳥沼

 同居の母親を包丁で刺したとして、青森南署と県警機動捜査隊は2日午前0時9分、殺人未遂の疑いで、青森市浪岡下十川白鳥沼、会社員の容疑者(22)を現行犯逮捕した。母親で職業不詳の恵さん(45)は黒石市内の病院に搬送されたが、同0時7分、死亡が確認された。県警によると、容疑者は「包丁で刺したが、殺す気はなかった」と、容疑を一部否認している。同署は今後、容疑を殺人に切り替えて捜査を進める。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)