地域の安寧を祈り、獅子頭を打ち鳴らす新盛組の麥澤組頭(中)=1日正午ごろ、むつ市新町の熊野神社

 青森県むつ市中心部の街角に、今年も新年を祝う軽快な門打ちの音が響き渡った。行事を担うのは、下北の夏祭り「田名部まつり」で山車(ヤマ)を運行する「田名部五町」の組員たち。「まつりと同じく、門打ちも神事。自分たちが引き継いでいく」の心意気で、地域の安寧を願った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)