青森県弘前市の高校生や大学生が、首都圏や県内で活動するコピーライターらプロの助言を受け、8月から取り組んできた同市土手町の16店舗のポスターが完成し、土手町に設置された掲示板で人気投票を行っている。通常、ポスター制作には広告主らの意向が強く反映され、時に無難なものになりがちだが、今回は、学生たちの自由な感性に任せ、学生自らが店舗を取材し、写真撮影。ユーモアの効いた作品が目を引いている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。