東京・中野のキリスト同信会に保存されていた機関紙「おとづれ」。大正2年の大凶作時の記憶が静かに閉じ込められていた。左ページ3段目に「浅田又三郎」の名が見える
夢と希望を乗せて青函トンネルを走る津軽海峡線の一番列車「はつかり10号」=1988年3月13日午前8時22分、吉岡海底駅

 世紀の大工事と言われた青函トンネルが開業したのは今から30年前。「メロスは激怒した。」で始まる有名な小説を執筆した太宰治が亡くなったのは70年前。100年前には弘前で観桜会が始まった…。青森県にとって2018(平成30)年はどのような出来事が節目を迎えるのか。メモリアルイヤーのモノ、コト、ヒトを調べた中から事件・事故など以外の主なものを紹介する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)