紅白幕や津鉄のイメージキャラクター「つてっちー」のねぶたなどが飾り付けられた「お正月列車」の車内

 青森県五所川原市と中泊町を結ぶ津軽鉄道で31日、年末年始恒例「お正月列車」の運行が始まった。紅白幕を張った車内には、2018年の干支(えと)「戌(いぬ)」にちなんだねぶたや起き上がりこぼし、「迎春」の飾り板などが取り付けられ、乗客がお正月気分に浸っていた。運行は11日まで。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)