生徒に交じって歌会に参加する筆者(右から2人目)。批評し合うことで気付くことがたくさんある
自由に意見を交わす部員ら。他の部員の歌についても熱心にメモを取る
「こうしたらもっとよくなるのでは」と例を挙げる田茂教諭

 8月に行われた全国高校生短歌大会「短歌甲子園」で、念願の優勝を果たした八戸高校文芸部。高いチーム力が評価されたが、どのように歌の力を磨いているのか。高校生の頃から短歌を趣味としている筆者。興味津々で活動に密着した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。