拠出金単価の変更について説明する須谷事業計画部長(右)=27日、県庁

 原発から出た使用済み核燃料の再処理事業を担う認可法人「使用済燃料再処理機構」は27日、原発を持つ電力会社から徴収した再処理事業拠出金の単価を変更すると発表した。単価算定に当たり電力会社から提出された、MOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料の計算値に誤りがあった。機構は同日、経済産業省に変更の認可申請を行った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)