24日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=108円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比27銭円安ドル高の1ドル=108円64〜65銭。ユーロは38銭円安ユーロ高の1ユーロ=120円93〜94銭。

 米中貿易摩擦への過度な警戒感が和らぎ、比較的安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。

 市場では「英国の欧州連合(EU)離脱問題の先行きが見通せず、円安が大きく進む状況ではないだろう」(外為ブローカー)との声があった。

(共同通信社)