中国の「中国東方航空」が、青森-上海浦東(プードン)線の新規開設に向け、中国民用航空局から週2往復での「経営許可」を受けたことが23日、分かった。関係者によると、定期便を予定している。現在、青森県や青森空港など関係者と協議を進めている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から