荒馬の練習に励む今別校舎の生徒たち
生徒たちに指導する梅田さん(中央右側)

 青森北高校今別校舎が25日に行う文化祭の荒馬運行に、青森県今別町の八幡町町内会が初めて参加する。荒馬は、同校舎の前身校から続く恒例イベント。生徒数の減少で学校単独での運行が難しくなっていたが、町の伝統行事「荒馬まつり」の常連が助っ人として運行を支えることになった。少子化と人口減少で学校の存続も厳しくなる中で「町の財産の荒馬を一緒に盛り上げたい」と、ともに意気込む。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。