青森工業高で熱唱するマニ☆ラバの「NAKANO」こと仲野さん(左)と、「はるよピ」こと木村さん
ライブ後、後輩たちと写真に納まるマニ☆ラバの2人

 ヒット曲「青森駅」で知られ、2007年に解散したロックバンド「マニ☆ラバ」が21日、音楽活動の原点だった母校・青森工業高校(青森市)で凱旋(がいせん)ライブを行った。メンバーは2人に減ったが、後輩たちの前で12年ぶりに歌声と演奏を披露。2人は「解散後は別々の道に進んだが、今でもつながり合って、ライブができることがうれしい」と充実感をにじませた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。