ラッセル車両の前で駅員のようなポーズで記念写真を撮る来場者
弘南鉄道の制服を着て運転席に座る体験ができるコーナーなどが人気を集めた

 利用者低迷が続く弘南鉄道大鰐線を盛り上げようと活動している有志団体・弘南鉄道大鰐線アソビプロジェクト実行委員会は14日、青森県弘前市の津軽大沢駅で「弘南鉄道大鰐線鉄道まつり」を開いた。まつりは、鉄道の日である14日にあわせて初めて開催。大勢の親子連れや鉄道ファンでにぎわった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。