足元に細心の注意を払いながら捜索活動に当たる隊員=15日午後、丸森町筆甫地区(青森消防本部提供)
陥没した道路に気をつけながら現場に向かう隊員たち=14日午後、丸森町筆甫地区(青森消防本部提供)
取材に答える長谷川大隊長=21日午前、青森市役所

 大量の土砂、至る所で寸断された道路網-。台風19号襲来直後の13日から6日間、甚大な被害を受けた宮城県丸森町で救援活動に当たった緊急消防援助隊青森県大隊1次隊の長谷川順一大隊長(58)=青森消防本部警防課長=が21日、青森市役所で取材に応じた。同大隊長は車両進入もままならない現地で、時間と闘いながらの活動だった-と当時の状況を振り返った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)