県短歌大会 佐々木さん(南部)知事賞

 東奥日報社と東奥日報文化財団主催の第73回県短歌大会が20日、特別選者に歌人集団「かばん」会員で作家の東直子氏を迎え、青森市のリンクステーションホール青森で開かれた。参加者129人が特別選、宿題、席題の合計得点を競った結果、南部町の佐々木冴美(さゆみ)さん(77)が総合1位の県知事賞に輝いた。また、東氏が「新しい時代の短歌」と題して記念講演した。

佐々木冴美さん

 

 

 

 

 佐々木さんは<透明な風が頭蓋をふきぬける弟の自死をききし瞬間>(席題「瞬」・人位)などを詠み、4回目の参加で初の県知事賞を獲得。「思いがけない受賞で運が良かった。席題の句は私の生涯で忘れられず重い内容だが、何十年もたったから人に話せるようになった」と話した。
 特別選の天位には、鯵ケ沢町の南美智子さん(80)の<「熊に注意」の看板の辺に熊出でて看板揺する月の林道>が選ばれた。

席題「瞬」の作歌に取り組む参加者たち

 

 

 

 

 

 第73回県短歌大会の記念講演では、特別選者の東直子氏が「新しい時代の短歌」と題し、寺山修司や俵万智さんらの代表作を挙げながら、戦後から令和に至る若手の短歌の傾向について解説。「素材は自由に、作品の方向性や切り口もより多様化しており、今後、何が飛び出すか分からないが、それも楽しみではある」と話した。
 東氏は「昭和期」「バブル期」「バブル崩壊以降」「平成20年代」「平成の終わり~令和へ」に区分。内省的で思索的な文語体から、軽やかにリアルに日常を描く口語体を経て、明るい展望が見えづらい時代背景を反映して思索的傾向も再び見えてきたと説明。さらに「若い人が恋愛の歌を詠まなくなってきた。恋愛に関心がなくなったのか、それとも恋愛を短歌の題材にすることに辟易(へきえき)しているのか」とも語った。
 また、自身が選者を務める短歌の全国大会で、三沢市の堀口中が好成績を残していることなどを挙げ「太宰治や寺山も高校時代に短歌や俳句などの短詩文芸を始めた。若い力を育ててきた青森の地で、どんな新しい才能が伸びてきているのか楽しみ」と期待を寄せた。

◇総合 (1)佐々木冴美(南部)(2)髙橋昭一(むつ)(3)南美智子(鯵ケ沢)(4)澁谷善武(黒石)(5)小山田信子(十和田)(6)志村佳(青森)(7)赤坂千賀子(弘前)(8)小瀬川喜井(八戸)(9)神田富恵(弘前)(10)佐々木とも子(おいらせ)(11)佐藤京子(十和田)(12)竹洞早苗(青森)(13)中里茉莉子(十和田)(14)工藤邦男(弘前)(15)八木沢節子(青森)(16)中村範彦(中泊)(17)田中雅子(弘前)(18)澁田紀子(青森)(19)佐々木絵理子(八戸)(20)中村キネ(弘前)
◇特別選 ▽天位 南美智子▽地位 中野渡慶子(十和田)▽人位 小瀬川音(八戸)

▼高校生3人が初参加
 会場には高校生3人の姿も。県短歌大会事務局によると、73回を数える同大会に高校生が参加したのは初めて。青森明の星高文芸部1年の小泉佳峰(かほ)さんと長岡笑子(しょうこ)さんは、周りの参加者から激励を受け「人生経験が豊富なベテランの人たちの中で貴重な体験ができてとても光栄」と感無量の様子。「短歌はとても奥深く人柄が作品に出る。もっと視野を広げて、より面白い短歌を作れるよう頑張りたい」と目を輝かす。

他の参加者らと談笑する青森明の星高校1年の長岡さん(中央)と小泉さん(右)

 

 

 

 

 

 <再啓の紙飛行機を風に置き円周率に想いを溶かす>を詠んだ八戸高1年の小瀬川音(おん)さんは、特別選人位に選ばれた。短歌結社同人で、今回も参加した母喜井(きい)さんに誘われ、初めて大会に作品を投稿。今年の短歌甲子園で優勝した同校文芸部の同級生からも助言を受けているといい「31文字に思いを表すのは難しいけれど、1首作った時の達成感が楽しい」。