JOLEDが開発した、トヨタ自動車のコンセプト車向けのメーターパネル

 ソニーとパナソニックの有機ELパネルの開発部門を統合して設立されたJOLED(ジェイオーレッド、東京)は21日、同社のパネルが組み込まれたデンソー製のメーターを、トヨタ自動車がコンセプト車「LQ」に搭載すると発表した。24日に開幕し、25日に一般公開される東京モーターショーで展示される。

 LQは人工知能(AI)と自動運転機能を備えた電気自動車(EV)。ジェイオーレッドによると、2020年の東京五輪で聖火リレーの隊列車両などに使われる予定。ジェイオーレッドは、経営再建中の中小型液晶大手ジャパンディスプレイから能美工場(石川県)を取得し、事業所を開設した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む