【ロサンゼルス共同】太平洋戦争のミッドウェー海戦で沈んだ旧日本海軍の空母「加賀」を北太平洋で発見したとする米調査チームは20日、音波探知機(ソナー)により水深約5280メートルの周辺海底で見つけた2隻目の船影について、形状や発見場所から空母「赤城」と特定した。担当者が明らかにした。無人探査船で詳しく調べるという。

 ミッドウェー海戦を巡る探査プロジェクトで、撃沈された旧日本海軍の空母が特定されるのは2隻目。空母は他に「蒼龍」「飛龍」が沈んでおり、今後も調査を続ける。

 調査を行っているのは、米IT大手マイクロソフト共同創業者が設立した財団「バルカン」。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む