阪神の打撃コーチ就任が決まり、写真に納まる井上一樹氏(右)=21日、兵庫県西宮市

 阪神は21日、中日の2軍監督などを務めた井上一樹氏(48)が打撃コーチに就任すると発表した。井上氏は兵庫県西宮市の球団事務所で記者会見に臨み「責任は重い。僕の助言、指導、コミュニケーションで、選手が変わったというところに持っていけたら」と表情を引き締めた。

 勝負強い打撃を誇った現役時代から中日一筋。今回は中日で同僚だった矢野燿大監督から誘われ「挑戦することはいいことなんだぞ、という言葉が僕の胸を打った」とコーチ就任を受諾した。

 今季12球団ワーストに終わった得点力の向上が課題で「もっと殻を破ろうよ、という選手は結構いる」と語った。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む