東京港に並ぶコンテナ=東京都品川区

 財務省が21日発表した2019年度上半期(4〜9月)の貿易統計(速報、通関ベース)は輸出から輸入を差し引いた貿易収支が8480億円の赤字となった。年度半期ベースでの赤字は18年度下半期(18年10月〜19年3月)の1兆8146億円に続き2期連続。米中貿易摩擦に伴う中国経済の減速で、中国への輸出が落ち込んだ。

 世界全体への輸出は18年度上半期と比べ5・3%減の38兆2332億円、輸入は2・6%減の39兆812億円となった。中国向けの輸出は9・1%減、輸入は1・1%減で、1兆8860億円の赤字だった。赤字幅は2期連続で拡大した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む