記念写真に納まる青森南高とサンクトペテルブルク583番校の生徒たち

 青森南高校(中道哲校長)は本年度から、ロシア・サンクトペテルブルクの姉妹校との相互訪問による交流事業を本格化させている。今月はロシアの生徒が青森市を訪れ、青森南高の授業を体験。生徒たちは互いの文化を学び合って刺激を受け、成長を実感していた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。