青空の下、新そばに舌鼓を打つ人たち

 青森県田子町の新田自治会(山崎美代志会長)は20日、集落で20回目となる「水車(からうす)搗(つ)きそばまつり」を開いた。町内外から訪れた家族連れが、風味豊かな新そばに舌鼓。山あいの小さな35戸の集落が、ひときわ活気を帯びた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)