ラグビーW杯準々決勝で南アフリカに敗れた日本代表の選手たち=20日夜、東京都調布市の味の素スタジアム
日本―南アフリカ 後半、南アフリカのデクラークにタックルする福岡。この後、振り切られトライを許す=味の素スタジアム
日本―南アフリカ 後半、タックルするマフィ(右端)=味の素スタジアム

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で世界ランキング6位の日本が20日、東京都調布市の味の素スタジアムで行われた準々決勝で、優勝2回を誇る同4位の南アフリカに3―26と完敗し、初のベスト4入りはならなかった。快進撃は止まり、過去最高の8強で自国開催の大会を終えた。

 日本は前回2015年大会3位の南アフリカと前半3―5の接戦を演じたが、後半に相手の力強い攻撃を受けて引き離された。

 1987年第1回大会から9大会連続出場の日本は1次リーグA組を4戦全勝でトップ通過し、初めて決勝トーナメントに進んだ。(世界ランキングは19日付)

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む