席題「瞬」の作歌に取り組む参加者たち

 東奥日報社と東奥日報文化財団主催の第73回県短歌大会が20日、特別選者に歌人集団「かばん」会員で作家の東直子氏を迎え、青森市のリンクステーションホール青森で開かれた。参加者129人が特別選、宿題、席題の合計得点を競った結果、南部町の佐々木冴美(さゆみ)さん(77)が総合1位の県知事賞に輝いた。また、東氏が「新しい時代の短歌」と題して記念講演した。

 佐々木さんは<透明な風が頭蓋をふきぬける弟の自死をききし瞬間>(席題「瞬」・人位)などを詠み、4回目の参加で初の県知事賞を獲得。「思いがけない受賞で運が良かった。席題の句は私の生涯で忘れられず重い内容だが、何十年もたったから人に話せるようになった」と話した。

 特別選の天位には、鯵ケ沢町の南美智子さん(80)の<「熊に注意」の看板の辺に熊出でて看板揺する月の林道>が選ばれた。