旧下北交通大畑線の運転会に合わせてお披露目となったモノコックバス(右)
車内でバス談義に花を咲かせるモノコックバス試運転の参加者

 青森県むつ市のバス愛好家団体「みちのく古(ふる)バス会」が復活を目指していた昭和期の「モノコックバス」が修復を終え20日、同市の旧大畑駅でお披露目された。同日の旧大畑線鉄道運転会に合わせ、復活に協力した関係者を招き試運転も行った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。