原子力規制委員会は18日、東京電力福島第1原発事故の原因調査を5年ぶりに再開した。この日は調査を担う検討会の会合が東京都内で開かれ、規制委事務局から調査で確認する3項目が示された。今後、現地調査も行い、2020年内をめどに報告書をまとめる。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)