Uターン就職について学生たち(左側)から盛んに質問が出たあおもりチャレンジゼミ=東京・池袋

 青森県出身で首都圏に進学した大学生にふるさとでの就職や起業という選択肢をアピールしようと、県は18日、東京・池袋で「あおもりチャレンジゼミ」を初めて開いた。1~4年生の男女学生15人が参加。県内にUターン就職した先輩社会人が語る青森県生活の魅力や経験談に耳を傾けた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。