「VISITはちのへ」の取り組みについて講演する塚原理事長

 青森県新郷村都市農村交流センター「美郷館」で15日、八戸市主催の「連携中枢都市圏の形成に関する講演会」が開かれた。八戸圏域連携中枢都市圏を構成する8市町村の首長、議員、職員ら約160人が参加、事例紹介を通して圏域内の振興策について考えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)