青森地域社会研究所がまとめた2019年度青森県内企業の設備投資計画調査によると、19年度は51.5%の企業が設備投資を計画しており、18年度に設備投資を実施した割合55.2%より3.7ポイント低かった。計画額は18年度実績比8.9%減の185億3700万円だった。製造業、非製造業とも18年度に設備投資が集中した反動で減少した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)