昼の開店直後からにぎわいを見せるチャレンジショップ

 起業を志す三戸高校2、3年生による「チャレンジショップ」が18日、青森県三戸町八日町で3日間の日程で始まった。おもてなしの心を大切に、一人一人に接客する生徒たち。普段は静かな平日昼間の中心商店街がひときわ活気づいた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)