巨人の原辰徳監督がドラフト会議で身に着けたサイン入りIDカードを首にかけ、長谷川国利スカウト部長(右)、柏田貴史スカウト(左)と記念撮影する堀田

 17日のプロ野球ドラフト会議で、青森山田高3年のエース堀田賢慎を1位指名した巨人の長谷川国利スカウト部長と柏田貴史スカウトが18日、指名あいさつのため、青森市の同校を訪れた。堀田を「スケールが大きく、まだまだ伸びる部分がある」と評価した上で、「全面的に成長をバックアップしたい」と約束した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。