国土交通省は18日、弘前、知床(北海道)、飛鳥(奈良県)など全国17地域で導入を決めている図柄入り自動車用ナンバープレートについて、具体的なデザインを公表した。2020年5月ごろから交付を始める。地元の名所や特産品を図柄にした「走る広告塔」としてPR効果を狙う。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)