文部科学省の問題行動・不登校調査で、青森県内の小学校では2016年度からの3年で、いじめ認知件数が1817件、暴力行為が1038件、不登校が71人それぞれ目立って増えた。子どもや保護者を支援する団体からは、これまでの学校のやり方、在り方を見直して-との声が上がった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)