小野院長(手前)から健康づくりの体操を教わる地域住民。病院スタッフが町職員と一緒に地域に赴き、高齢者の健康維持活動を一体的に進めている=8月21日、七戸町の二ツ森地区コミュニティセンター
公立七戸病院の管理栄養士(左端)から清涼飲料水に含まれる砂糖の量を教わる住民。健康的な食生活のアドバイスを受けた=9月6日、二ツ森地区コミュニティセンター

 医療介護費抑制に向け、厚生労働省が来年度から高齢者を対象とした病気と介護の予防事業一体化を本格的に実施する動きに合わせ、青森県七戸町は本年度から保健、介護に医療を加えたコラボレーション事業に着手した。病院、町保健部門の横の連携を図る取り組みで、8月から公立七戸病院スタッフと保健師が一緒に地域に出向き、高齢者に健康づくりの指導を行っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)