三村知事(右)に受賞を報告する大見社長(中)と成田理事長

 2019年度東北地方発明表彰(発明協会主催)で、ヒバから抽出されるヒノキチオールと脂肪酸亜鉛の複合錯体(混合物)の発明が中小企業庁長官賞を受賞した。複合錯体を共同開発し、商品化につなげて「実施功績賞」を受賞したヒバ開発(青森県大間町)の大見義紀社長と県産業技術センターの成田勝治理事長が16日、県庁で三村申吾知事に受賞を報告した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)