氷がささくれたリンクを整氷するスタッフたち=YSアリーナ八戸

 国際大会を開催できる国内3カ所目の屋内スケート場として9月29日にオープンした青森県八戸市長根屋内スケート場「YSアリーナ八戸」。開館以降、一般開放による氷の傷みが市の想定以上に大きく、本格営業開始となった10月は一般開放時間を当初計画の半分に急きょ減らし、代わりにリンクの整氷時間を大幅に増やしていることが市への取材で分かった。10月25~27日に同アリーナで開催する全日本スピードスケート距離別選手権大会を重要視した対応だが、11月以降も一般開放時間を当初計画より3割ほど削って整氷に充てるという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。