旗の合図とともにマダラの漁場へ走りだす漁船=7日午前7時、むつ市脇野沢の貝崎沖

 青森県むつ市脇野沢地区で7日、冬の味覚に欠かせないマダラ漁が始まった。脇野沢村漁協所属の漁船19隻が底建網の設置場所を競う恒例の「場取り」を繰り広げ、目当ての漁場に向かって漁船を全速力で走らせた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)