ラーメンのスープの塩分を調べる食生活改善推進員=6日午後、青森市のラーメン店「味の札幌 大西」

 青森県は6日、県内の飲食店で提供される麺類の塩分を調べる事業を始めた。ラーメン好きが多いと言われる青森県で、生活習慣病と関係が深い塩分に関心を持ち健康な食生活を送ってもらうことで、県民の健康寿命延伸につなげたい考え。同日は、青森市内の3店舗で実施した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)