【仙台商-青森山田】九回裏2死三塁、サヨナラ安打を放ち一塁へ駆ける八戸=盛岡市の岩手県営野球場
【東奥義塾-学法福島】八回表東奥義塾1死一塁、原田が左中間越え2点本塁打を放ち3-2と逆転=花巻球場
【弘前東-盛岡大付】2番手で登板し力投するも及ばなかった弘前東の主戦山口直

 第72回秋季東北地区高校野球大会は第2日の14日、盛岡市の岩手県営野球場などで2回戦6試合を行った。青森県勢は青森山田(第1代表)が仙台商(宮城第3代表)に1-0で九回サヨナラ勝ち。主戦高橋が粘り強い投球で完封した。東奥義塾(第3代表)は八回に原田が2点本塁打を放ち、学法福島(福島第1代表)に3-2で逆転勝ち。弘前東(第2代表)は盛岡大付(岩手第1代表)の先発大久保に2安打14三振の0-3で敗れた。試合に先立ち、各会場で台風19号の被災者を悼み黙とうした。第3日の15日は準々決勝4試合が行われ、青森山田は鶴岡東(山形第1代表)、東奥義塾は盛岡大付と対戦。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。