シカゴ市から贈られた市旗を手に、記念撮影する林会長(左端)、小野寺市長(左から3人目)ら

 青森市で毎年7月に開かれる「ジャパンブルースフェスティバル」に参加した米シカゴ市のミュージシャンが懸け橋となり、同市の市旗が青森市に贈られた。海外視察先の現地で市旗を託された青森銀行本店営業部の後援会組織「青本(せいほん)会」の林均会長らがこのほど、青森市役所本庁舎を訪れ、小野寺晃彦市長に市旗を贈呈。小野寺市長は「ありがたいこと。シカゴ市とは、音楽を通じた交流を今後も続けていければ」と語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。