講師の千葉さん(手前)の講演に聞き入る参加者

 津軽民謡の手踊りを合宿形式で学ぶ「津軽民謡短期大学」が11日、青森県黒石市で始まった。国内外から17人が参加し、3泊4日の日程で「津軽じょんから節」の習得に励む。同日は開校式を行い、参加者が講習本番に向け決意を新たにした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。