11月1日から販売する縄文くららPRグッズを手にする豊川さん(中)と野辺地中の美術部員

 青森県野辺地町教育委員会は11月1日から、町内で出土した国重要文化財の土偶「縄文くらら(愛称)」のPRグッズを販売する。トートバッグやクリアファイルなど5種類で、野辺地中学校美術部の生徒がアイデアを練った。13日、同校で商品のお披露目が行われた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。