2日午後2時55分ごろ、青森県中泊町八幡の野菜育苗施設敷地内で重油が流出したと県から国交省青森河川国道事務所に連絡が入った。1日午前7時半ごろ、作業員が同施設内で除雪中、重油タンクの配管を損傷させたのが原因とみられ、流出量は800リットル程度。流出から丸1日経過後に判明したが、周辺河川での魚のへい死など水質への影響はみられないという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)