あいさつする日本認知症グループホーム協会の河崎会長

 日本認知症グループホーム協会は12日、青森市のリンクステーションホール青森で全国大会を開いた。全国各地のグループホーム事業者や医療関係者など約800人が、基調講演や現場での事例紹介などを通じて、認知症患者と周囲が共に支え合う「共生社会」の実現に向け理解を深めた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。