橋本聖子五輪相は11日、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、地域住民とパラリンピック選手らが交流する「共生社会ホストタウン」に青森県弘前市など全国17市町を追加登録したと発表した。登録は三沢市に次いで県内2例目。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。