警視庁捜査2課は10日までに、融資を希望する客に契約させた「iPhone(アイフォーン)」をだまし取ったとして、詐欺などの疑いで東京都江東区豊洲、古物商経営北嶋幹朗容疑者(38)ら男女12人を逮捕した。アイフォーンなどの端末約600台、1億2千万円相当を詐取し、売却していたとみて裏付けを進めている。

 捜査2課によると、グループは融資の勧誘活動を装い、問い合わせてきた客を携帯電話ショップに誘導し、契約させた端末を送らせていた。北嶋容疑者が指示役で、他のメンバーは融資を誘う電話をする「かけ子」などだったとみている。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む