青森労働局は9日、2018年度に違法な長時間労働の疑いがあった青森県内315事業所を調べたところ、69カ所で「過労死ライン」と呼ばれる月100時間超の違法な時間外労働が見つかったと発表した。うち200時間を超える事業所も2カ所あった。事業所名は公表していない。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)