日本原燃・六ケ所再処理工場の安全審査で、原子力規制委員会(更田豊志委員長)は9日、敷地周辺の地層に関する追加調査の実施を原燃側に指示していたことを明らかにした。規制委事務局の原子力規制庁によると、青森県六ケ所村内の現地調査で観察した鷹架沼南岸の地層に関するデータを拡充し「大きな影響を及ぼす断層がないことの確認」(担当者)が必要と判断した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)