ぬいぐるみが司書の手伝いをしている様子が載っている冊子を受け取る親子
みんなで集まって“調べ物”をするぬいぐるみたち

 お気に入りのぬいぐるみを図書館にお泊まりさせると、子どもたちが本を読むようになる?- 青森県八戸市の南郷図書館で、ぬいぐるみを図書館に預ける「ぬいぐるみおとまり会」が開かれ、30体のぬいぐるみたちが一晩、図書館司書の仕事の“手伝い”をした。その様子を職員が写真に撮って冊子にまとめ、後日ぬいぐるみを迎えに来た子どもたちにプレゼント。子どもたちは、ぬいぐるみが図書館でどんなふうに過ごしていたのかと、わくわくした表情で冊子を眺めていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)